箕面市で肩こり・腰痛・頭痛や産後骨盤矯正なら、みのお骨盤リフォーム整骨院にお任せください!

みのお骨盤リフォーム整骨院

  • 0727205588

  • 〒562-0003 大阪府箕面市西小路3-10-2 P有り

  • 観葉植物🌳✨

    2018年11月16日

    こんにちは☺

    毎日寒いですね~😓

    もう朝晩の寒さが辛いです💦

     

    最近観葉植物を買いました🍃

    家の中に緑があると違いますね✨

     

    観葉植物の育て方の基本は「配置」

    植物によって適した置き場所があり、

    これを間違えるとうまく育たない可能性があります。

    配置を考えるうえで大切なことは大きく分けて2つ。

    1つは「日当たり」、もう一つは気温や風通しといった「環境」です。

    ・日当たり

    日当たり、つまり部屋の明るさは「日なた」「明るい日陰(半日陰)」

    「日陰」の3つに分類されます。

    「日なた」は窓の多いリビングなど、

    「明るい日陰(半日陰)」はそのリビングから奥まったキッチンや

    カーテン越しの窓辺等、

    「日陰」は窓のない部屋や玄関などが該当します。

     

    ・環境

    熱帯地域が原産の観葉植物は乾燥に強い反面、

    じめっとした環境を嫌います。

    風通しが悪いといつまでたっても土が乾かず蒸れたままです。

    この環境は、病害虫が好んで寄ってくるうえ、

    土の中に空気が入り込む隙間がなく、根が呼吸できなくなって

    腐ってしまうことがあります。

     

    配置が決まれば、あとは日々のお手入れ🌟

    定期的に手を加えてあげることで枯らせることなく、

    長く楽しむことができます。

    やることとしては2つ、「水やり」と「肥料」を与えることがあります。

    水やりは、育てる「環境」と同じくらい大切なポイントです。

    土が乾いたのを目安にして、鉢底から流れ出てくるまでたっぷりと

    水を与えるのが基本です。

    植物にって、より乾燥を好むものもいるので、土が乾いてから

    さらに2~4日経ったあとに水やりをします。

    水やりとは別に霧吹きで葉っぱに水を吹きかける「葉水(はみず)」を

    行うことで、観葉植物の色つやを良くし、元気な状態を維持することができます。

     

    葉に元気がない場合は速効性のある「液体タイプの肥料」を与えると

    水分と同時に栄養も受け取って元気に生長してくれます。