箕面市で肩こり・腰痛・頭痛や産後骨盤矯正なら、みのお骨盤リフォーム整骨院にお任せください!

みのお骨盤リフォーム整骨院

  • 0727205588

  • 〒562-0003 大阪府箕面市西小路3-10-2 P有り

  • 七夕の行事食🎋

    2018年07月7日

    おはようございます☺

    今日もすごい雨ですね☔

    行きたかった七夕のイベントもこの雨で

    延期になりました😭

    でも仕方ないですね💦

     

    今日は七夕ですね🎋✨

    そして『そうめんの日』です!!!

    七夕の行事食の定番として、そうめんがあげられます🌟

    七夕にそうめんを食べるということには、

    かなり長い歴史があります🎵

    さかのぼること千年前、平安時代の宮中で既にそうめんが

    七夕の行事食として食べられていたのです😇

    平安時代の書物には、「七夕にそうめんを食べると一年間

    無病息災でいられる」と記されています🍴

    そして、宮廷内での行事食だったのが、庶民にも

    広がっていき、一般的にそうめんが七夕の

    行事食になっていったのです✨

    江戸時代には、「色紙のついでそうめん買いにやり」

    という短冊を作る色紙とそうめんを一緒に買う様子を

    詠んだ句も残されています📚

    では、なぜ七夕にそうめんを食べるのでしょうか??

    その由来は中国にあります🌎

    中国神話に高辛氏と呼ばれる帝王が出てくるのですが、

    彼の子どもが7月7日に亡くなりました。

    その後、その子供が悪霊となって、

    熱病を流行らせ、人々を困らせました。

    その子は生きている時に、お菓子の「索餅」が大好物でした。

    この「索餅」をお供えして、供養したところ、

    祟りがおさまったので、それ以来、

    魔よけとして7月7日には、索餅を食べたり供えたりする

    風習が広がりました。

    この「索餅」が進化したものが「そうめん」とされていることから

    七夕の夜にはそうめんを食べるのです!!